ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

乳がんの危険性がアップする歯周病の恐ろしさ

みなさん、歯のケアにはどれほど気を使っていらっしゃいますか?
綺麗な歯
素敵な笑顔は、どんなアンチエイジングコスメもかないません。その笑顔の主役はキラキラ光る目とキレイな歯。日本でも最近は審美歯科が増えて、歯のホワイトニングを経験された方もいらっしゃるでしょう。

ですが、歯のケアは美容のためだけではなく、健康を維持するためにも重要です。歯の病気を放置すると、歯だけにはとどまらない、より重大な病気につながる危険性があるからです。

歯のケアを怠ると、歯周病の原因になることはよく知られていると思いますが、その歯周病が肺炎、前立腺がん、脳卒中、心臓病、糖尿病の原因になることはあまり知られていません。

慢性的な歯周病を持った女性は、乳がんの危険性が非常に高いことを「乳がんの調査と治療」の専門誌が発表しましたし、男性では、歯周病を持った男性は、歯周病のない男性に比べて、64%も膵臓がんになる率がアップすることを、ハーバード大学の医学部が発表しました。

たとえそんな大病に繋がらないとしても、歯周病は、口が臭くなる、歯を失う、歯が痛くなるなど、悲惨な結果を招いてしまいます。

「歯周病を軽く考えていた同い年の友人が、50代ですでに柔らかいシリアルしか食べられなくなってしまいました」と歯科医で審美歯科とインプラントの専門医のリック・クラインさんは言っています。

みなさん、すてきな笑顔を演出する健康な歯を維持するためには、毎日の歯磨きだけでは十分ではありません。まず毎食後のデンタルフロスを忘れずに!そして大切なのは、半年に一度は歯医者さんに行って定期検診を受けて、しっかりと歯石を除去してもらうことです。

汚い歯や口臭を気にして口を抑えた笑顔では、完璧なスキンケアをしたお肌も台無しです。この機会に、歯のケアを見直してみてはいかがでしょうか?



kodama

児玉 朗  CEO

肌の黒さと歯の白さはゆずれない50歳。在米20年、社長歴15年以上 海の近くの家に住み、愛犬のパイレーツと毎日ジョギングをするのが趣味 来年こそ愛艇を手に入れて、仲間を引き連れて海釣りに行くのが夢。



  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • ファイブガイズ・ランチトレイ
  • チャレンジゆみさま

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP