ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

ほうれい線に効く究極のシワ取り注射!自分のコラーゲン細胞を使う「laViv」

お肌のお悩みで常に上位に上がる「ほうれい線」。その状況はアメリカでも同じ。そんなほうれい線に悩む皆さまに朗報があります。今夏、アメリカFDAで認可されたばかりのほうれい線に効くシワ取り注射についてご紹介致します。

●自分の細胞を使ってシワ取り!


laViv』と呼ばれるこのテクノロジーは、線維芽細胞(真皮内に存在し、コラーゲンエラスチンヒアルロン酸などをつくりだす細胞)を、シワの気になる部分に注射するもの。

細胞培養

線維芽細胞はコラーゲンなどをつくりだすため「お肌の工場」とも呼ばれますが、年を取るごとに、働きは衰えていきます。この線維芽細胞を成長・増殖させるための成分としては、線維芽細胞増殖因子(Fibroblast Growth Factor:通称FGF)などが発見され、アンチエイジング向けの高級スキンケア製品に配合されていることは、皆さんもご存知かもしれません。

これに対し、laVivは、化粧品の力で線維芽細胞を増やすのではなく、線維芽細胞を直接お肌の中に注射してしまおうというテクノロジー。なにより特徴的なのは、この注射する線維芽細胞は、自分の肌から採取したものだということ。自分自身の皮膚細胞を取り、一度ラボ内に持ち帰り、90日ほどかけて増殖させた細胞を冷凍し、必要な時に少しずつ、自分の肌に注射していくのです。

自分自身の細胞を使うこのトリートメント(Autologous Fibroblasts Therapy)はヒアルロン酸やボトックスなど、外部の成分を注射するこれまでのシワ取り注射に比べ、アレルギーや免疫問題などのリスクが低く、安全性がより高いと期待されているそう。また、「自分の細胞を使う」というコンセプトが、これまでの美容整形にまつわる人工的なイメージと異なるため、オーガニックで自然派なトリートメントを好む層や、若い世代などにもアピールするのではないかと言われています。

●気になる効果は?


線維芽細胞laVivが優れているのは、安全面やイメージだけではありません。肝心のシワ取り効果も、なんだかスゴイのです!laVivの効果は、一時的にシワを消すだけではありません。自分の皮膚細胞を元に培養された線維芽細胞は、お肌の中に戻されるとまた働きはじめ、肌の中のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成量を増やしてくれます。本当に肌年齢を若返らせてくれると期待されているのは、このためです。治験では凹凸型のニキビ跡にも効果が現れたそう。

ただし、速攻性があるものではなく効果を感じるまでは数ヶ月の期間が必要。まずは6 週間おきに3回の注射がすすめられています。その代わり、一旦効果が出始めると、その効果が長続きするのです。半年~1年で効果が消失するヒアルロン酸注射に比べて、こちらは、はじめの3回のセッションの後は最低2年間も効果が続くそう。

気になるお値段はまだ不確定なものの、初期費用は、1000ドル~2000ドルと、ボトックスなどの既存のシワ取り注射よりも高額になると予想されています。ただ、はじめのセットアップが終われば、その後、細胞を注射していく値段はよりリーズナブルな300ドル~500ドル程度になると言われています。

●ボトックスとの比較


シワ取り注射業界で人気ナンバーワンのボトックスと比較すると、ボトックスは、おでこや眉間のシワなど、顔の上半分に使われることが多いのに対し、laVivは、〈ほうれい線など、顔の下半分に使われる〉という違いがあります。またシワをなくすメカニズムも異なります。どちらか一つ使うのではなく、〈悩んでいるシワの種類によっては両方使う〉ということも十分ありえそうですね。

シワ取り以外にも、頸部ジストニア、筋硬直、偏頭痛など様々な適応例に対して認可を受けているボトックスのように、laVivも、ほうれい線以外に、ニキビ跡の治療やヤケド治療などの他の適応例の認可が受けられるように働きかけているそうです。現在アメリカにおいてニキビ跡の治療については認可されている医薬品は存在しないので、これは期待大です。

まだ認可直後のlaViv。アメリカ国内でもまだ一般的にクリニックで受けられる状態にはなっていませんが、今後は全米、そして日本にも上陸してくることでしょう。ボトックスのような大成功を収めるかはまだ未知数ですが、期待の新テクノロジーから目が離せません。

参考記事:http://seekingalpha.com/news-article/1317401

Yui

池嶋 ゆい  Editor / Staff Writer

7年前に渡米。メディア関係の仕事を経て、現在ビーグレンイッシュのライターをしています。好きな言葉は「なせばなる」。好きな香りはベルガモット。いつまでも美しくアクティブな女性たちの秘密を求めて今日も取材に走ります!!

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • shutterstock_61224646

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP