ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

ペプチド最前線!最新の“抗シワ成分”をご紹介

ペプチド最前線

シワ対策といえばすぐボトックスなどのシワ取り注射や美容整形手術の方向に向いがちなアメリカ人。しかし最近では、抗シワ効果がある成分『ペプチド』に大きな注目と人気が集まっています。

ペプチドといってもペプチドという名前の一つの成分があるわけではありません。そもそも、ペプチドとは、2つ以上のアミノ酸がペプチド結合をしてつながった構造のものの総称。組合わさっているアミノ酸の数と種類によって、ペプチドにも多くの種類があり、その種類によって、ホルモン作用、神経伝達作用、抗菌作用などの様々な作用があるのです。

今回は、この様々なペプチドの中でも、ここ数年、抗シワ成分として大きな注目を浴び、アンチエイジング系化粧品に配合されている最新のペプチドをご紹介致します。

「ペプチド配合」として宣伝している化粧品は多いのですが、その詳細まで知っている女性は少ないと思います。様々なアンチエイジング効果のあるさまざまなペプチドについて一度おさらいしてみましょう。

銅ペプチド:免疫システムを刺激し、抗酸化及び抗炎症効果がある。傷などをうけた肌の再生能力、およびコラーゲンの生成力を高め、シワをなくし、引き締まった肌にする効果があります。
マトリキシル:マトリキシルは、パルミトイルペンタペプチド-4(Palmitoyl pentapeptide-4)の登録商標。コラーゲンの合成を117%にアップします。コラーゲンの不足はシワにつながるのですが、マトリキシルは、このプロセスに抵抗してくれます。治験結果では、マトリキシルは、36%のシワに効果があったということです。
マトリキシル3000:パルミトイルオリゴペプチド(Palmitoyl Oligopeptide)とパルミトイルテトラペプチド-7(Palmitoyl Tetrapeptide-7)という2種類のペプチドが組み合わさったものの登録商標。マトリキシルと、マトリキシル3000は名前が似ていますが、これらを構成しているペプチドは異なる種類のものです。しかし、両者ともコラーゲンやエラスチンなどの肌組織を補充し、合成するという機能を持ち、その抗シワ機能はとても似ているものなのです。
アルジルリン:アセチルヘキサペプチド-8(Acetyl hexapeptide-8)の登録商標。「塗るボトックス」とも呼ばれる通り、この神経伝達ペプチドは、筋肉の収縮を麻痺させて、何度も同じ表情をすることによって形成されるシワを防いでくれます。
Peptamide 6:イーストの酵母から抽出される天然のペプチド。細胞の酸素消化を増加し、コラーゲンの合成を促進してくれます。

老化に関わる遺伝子の働きに影響するもの。スキンケア成分と同時に使用されることにより、肌に潤いをもたらすことがわかっています。「たかが潤いをもたらす?」とお思いですか?保湿を馬鹿にしてはいけません。最近の研究では、お肌をしっかりと保湿するだけで、肌の若さを保ち、新たなシワを予防することができると言われているのです!
SNAP-8: アセチルオクタペプチド-3(Acetyl Octapeptide-3)の登録商標。最新の神経伝達ペプチド。アルジルリンにさらに2つのアミノ酸がくっついてできた「オクタペプチド」となったもので構成は似ており、機能も同じく、筋肉収縮からくる表情シワを防ぐ効果があります。顔のシワが34.9%改善したと話題です。

このように、ペプチドには、様々な種類があるのですが、中には、構成や機能が似たものもかなりありますね。これらのペプチドが含まれたアンチエイジングラインの化粧品を早く使い始めれば早く使い始めるほど、お肌に刻まれた時間を昔に巻き戻すことができます。

「まだ若いから、アンチエイジング系の成分は自分には関係ない」
「またアンチエイジング系の製品を使い始めるには早いかも……」
「若いうちから高価な製品を使いうと肌がなまってしまう」


そんな風に考えている人もいるかもしれませんが、それはあくまでイメージにすぎません。20歳を過ぎたところから、肌の老化は容赦なくはじまっており、20代、30代の肌には既に、シワの原因が蓄積されてしまっています。

年齢に関係なく、お肌の衰えに気づいた時がアンチエイジングケアのスタート。ありがたいことに、シワを防ぐための科学は、日々進化しつづけているのですから、これらの新しい科学の成果を試さない手はありません!


参考記事:
New Anti-Wrinkle Ingredients
Matrixyl vs Matrixyl 3000


Yui

池嶋 ゆい  Editor / Staff Writer

7年前に渡米。メディア関係の仕事を経て、現在ビーグレンイッシュのライターをしています。好きな言葉は「なせばなる」。好きな香りはベルガモット。いつまでも美しくアクティブな女性たちの秘密を求めて今日も取材に走ります!!


  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • 捻挫、骨折

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP