ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

スーパーフルーツ・シーバックソーン

シーバックソーン
スーパーフルーツという言葉を聞いたことがありますか?ご存じない方のために、説明をしますと、 細胞を老化させてしまう”活性酸素”から細胞を守る抗酸化成分のファイトケミカルズやビタミン、ミネラルが豊富に含まれ非常に高い抗酸化作用をもつフルーツを、スーパーフルーツと呼びます。

5年ほど前から、アメリカではセレブリティの間で評判になり、若さと美しさを保つために世界中のスーパーフルーツに注目が集まるようになりました。

スーパーフルーツには、通常のフルーツの何十倍もの抗酸化物質が含まれていると言われているのですが、残念ながら日本ではもちろん、アメリカでも非常に珍しい上に、高価でなかなか手に入りにくいのが難点です。

今日ご紹介する、シーバックソーンというフルーツは、まさにスーパーフルーツの中でも特に注目されている抗酸化フルーツなのです。

シーバックソーンはシーベリー、チャチャルガン、サジーとも呼ばれていて、インドのヒマラヤの高地に野生する果物です。

シーバックソーン

この果物が最近、様々な分野で注目されるようになった理由は、スーパーフルーツとして少し説明をした、果実や葉に含まれる、ビタミンC、ビタミンE、カロテノイド、フラボノイドといった抗酸化物質が非常に豊富だからです。

(ビタミンCは、100g中2750mg含まれており、これは他の多くの果物や野菜の最高100倍の量に匹敵します)

シーバックソーンに含まれる抗酸化物質に関しては、すでに様々な臨床試験が行われて、その効果が証明されています。例えば、紫外線によるダメージに対する改善効果、傷口の回復への改善効果 、火傷の治癒への改善効果などが発表されています。また最近、循環器や腫瘍に対しての治癒効果も報告されているのです。

このシーバックソーンのもつ皮膚改善効果を利用して、最近ではスキンケア製品の開発も進んでいます。シーバックソーンの種子オイルには抗炎症効果があり、アトピー性皮膚炎で悩む方への改善効果も報告されるほどなのです。

ビーグレンでも、このシーバックソーンには3年ほど前から注目をしていて、シーバクソーンのもつ抗酸化物質とビーグレンの浸透テクノロジーを合わせたスキンケア製品の開発を続けています。

朝の果物は金と呼ばれるように、果物が体にいいことはみなさんがご存知のことと思います。しかし、意外と果物は食べていないものだと思いませんか?

忙しい方でも簡単に果物がもつ自然の抵抗力である抗酸化作用を、肌から直接摂取できるようなスキンケア・サプリメントが科学の力で実現するのも、それほど遠くない将来であるような気がします。

 



kodama

児玉 朗  CEO

肌の黒さと歯の白さはゆずれない50歳。在米20年、社長歴15年以上 海の近くの家に住み、愛犬のパイレーツと毎日ジョギングをするのが趣味 来年こそ愛艇を手に入れて、仲間を引き連れて海釣りに行くのが夢。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • 野菜サラダ
  • メゾン・エルメスでの個展「雪」

2件のコメントが “スーパーフルーツ・シーバックソーン”に入っています。
  • 投稿者: 吉田みどり

    北海道でシーバックソーン(シーベリー)が栽培に成功したのをご存知ですか。シーベリーの中でも不飽和脂肪酸が多いロシア種でΩ3,6,7,9をすべて含む品種です。北海道では産学官で栽培に力を入れています。旭川医大にて抗酸化作用の研究が始まりました。私は毎日朝と寝る前にシーベリー果実で生ジュースを作って飲んでいます。翌朝快便、便秘解消、吹き出物が無くなりました。アトピーのステロイド後遺症で苦しんでいる娘の赤ら顔もよくなってきています。絞った残渣は入浴剤にしています。皮膚科もビックリ。北海道にシーベリー果実がありますよ。

  • 投稿者: 児玉朗

    吉田様、
    北海道でシーバクソーンの栽培を始めたのですね。とても貴重な情報をありがとうございます。スーパーフルーツの中でも群を抜いて抗酸化物質の含有の多いシーバクソーンを日常的に飲めるなんて、本当にうらやましいです。これからもビーグレンタイムズでは、スーパーフルーツの情報を展開していく予定ですので、また抗酸化作用の研究結果などが発表されましたら、ぜひお知らせ下さい。

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP