ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

プロたちが推奨。こだわるべきは「メイクブラシ」

makeup

「メイクブラシというのは、例えるならベーシックな黒いパンプスやブレザーみたいなもの。つまり、ベーシックであり活用する機会の多い、誰もが絶対に持っておく必要のあるアイテムです。だからこそ、長く付き合える上質なものを選ぶ必要があるのよ」

そう話すのは、フィオナ・スタイルスさん。女優のジェニファー・ガーナーやエリザベス・バンクス専属のプロのメイクアップアーティストです。

お気に入りブランドの新色だったり、限定アイテムだったり、次々と魅力的な新作がリリースされるコスメには、女性はつい惜しみなくお金をかけてしまうもの。でも、「最もこだわるべきメイクアップグッズは“メイクブラシ”である」と、ハリウッドセレブの専属ヘアメイクアップアーティストたちは口を揃えて言います。

ニコール・リッチーやモデルのクリッシー・テイゲン、女優のクリスティン・スチュワートのメイクアップを手掛けるボー・ネルソンさんは、「上質のメイクブラシは長く愛用できるようにデザインされているし、何より化粧のりがまったく違います。よりプロフェッショナルな仕上がりになりますよ」と話します。

高級なものではケヴィン・オーコイン(650ドル)やクラウディオ・リアズ(1,525ドル)など、毛質や使い心地を追及したブラシセットなども販売されており、それだけこだわりの深いアイテムというのが伺えます。

ネルソンさんのおすすめのブランドは「白凰堂」「トム・フォード・メイクアップ」「シュウ・ウエムラ」。スタイルスさんは、「白凰堂」と「ローラ・メルシエ」のファンで、なかには15年以上も愛用しているという1本もあるそうです。

とは言え、それなりのお値段のするブラシをそれぞれのパーツ用に揃えるのも大変です。そこでまずは1本、パウダーブラシを購入して、Tゾーンのハイライトやチークの仕上げに使ってみるだけでも違うとプロの2人は話します。肌触りの良い上質なブラシは、それを使ってメイクアップするだけで、女性をグラマラスな気持ちにさせてくれるものです。

「メイクブラシを大切に扱い、長持ちさせるためには、頻繁に洗うこと。そして、横にして乾かすのがポイントです。毛先を上に立ててしまうと、水が毛の根元に流れて抜け毛の原因になります。また、アルコールの含まれているクリーナーは、毛が乾いてダメージを受けてしまうので使用しません」

「本当にいいブラシに出会えたら、それは一生もの」という話を聞いたことがあります。ちょっと奮発して、長く使える良いものを選ぶこと。それを大切に扱うことが、使用感や化粧のりの良さという実質的な効果はもちろんのこと、精神面でも少しの自信と高揚感を与えてくれます。

メイクブラシ一本で、いつものメイクアップがいろいろな意味でさらに特別なものになるはず。早速、今使っているメイクブラシを見直してみませんか?

参考記事
Why Makeup Brushes are Worth the Investment

https://www.yahoo.com/beauty/why-makeup-brushes-are-worth-the-investment-97218071778.html




okamura

岡村 ゆか  Writer

東京・LA(ロサンゼルス)での出版社勤務ののち、フリーランスのライターに。中米コスタリカの常夏ビーチリゾート地でのスペイン語学習+バケーション+時々仕事の生活を経て、現在は再びLAにて活動中。屋外ワークアウトが最近のお気に入り。ハイキングや公園&ビーチヨガをリフレッシュと体型維持のために続けています。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • doctor_143791594
  • P1

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP