ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

この秋冬の口元に、注目の“赤”は“レンガ色”

brick_201881749

顔の印象を大きく左右するリップカラー。ホリデーシーズンも近づくこの時期になると、活躍するのがこっくりと深めの“赤”ではないでしょうか?なかでも、この秋冬のトレンドといえば、「断然“ブリックレッド”、つまり“レンガ色”です」と話すのは、トップメイクアップアーティストのフィオナ・スタイルスさん。

秋冬コレクションのランウェイで多くのハイブランドがリップカラーに取り入れていた色とあって、注目されているそうです。やや茶色がかった赤が“レンガ色”。普通の赤よりも、よりシックで大人っぽい印象になります。

今回は、スタイルスさんが提案するリップカラーの選び方や、発色を良くするテクニックをご紹介します。


■下準備

まずは軽めのスクラブとリップバームで唇を整え、保湿します。仕上げにティッシュなどでリップバームを軽くふき取るのがポイント。そうすることで、リップカラーの本来の色を薄めることなくしっかり唇に塗ることができ、色落ちもしにくくなります。

■色落ちしにくいリップカラーの選び方

リップカラーを選ぶ時、しっかり色が長持ちするかどうかは重要なカギ。同じ色でも、ツヤやパール感のあるものは比較的柔らかいため色落ちしやすく、クリーミーでマットなものの方がしっかり唇に残ります。

■自分に合う“レンガ色”の選び方

同じレンガ色でも、微妙な色調はさまざま。自分にピッタリの一本を見つけるには、自分の肌色に合わせて選ぶのがポイント。「色黒であればあるほど、茶色味の強いレンガ色が肌に馴染みます。色白の場合、それではダーク過ぎる印象になってしまうため、明るめのレンガ色を選んで」とスタイルスさん。

■塗るときはリップブラシで

色ムラを防ぎ、直接塗るよりもはみ出ることなく正確に塗れる、リップブラシを使うのがオススメ。まずは上唇の中心から、外に向かって山を描くように塗ります。下唇も、中心から口角にむかって塗ります。

■仕上げにはリップライナーを

上唇の山の部分や、リップカラーを塗りにくい口角の端などを形づくるのに重要なのがリップライナー。リップカラーと同じ色を選んで、輪郭をしっかり囲います。カラーを落ちにくくするのと、リップを少し大きくふっくら見せる効果もあります。


いかがでしたか?塗るだけでちょっとグラマラスな雰囲気に変身できる大人の“赤”。トレンドやその日のファッションに合わせて微妙な色味の使い分けを楽しめるよう、この“レンガ色”もぜひバリエーションのひとつに加えてみてください!


【参考記事】
Yahoo! Beauty -Fall Beauty Trend: Brick Red Lips Are In

https://www.yahoo.com/beauty/fall-beauty-trend-brick-red-1269473949769782.html



okamura

岡村 ゆか  Writer

東京・LA(ロサンゼルス)での出版社勤務ののち、フリーランスのライターに。中米コスタリカの常夏ビーチリゾート地でのスペイン語学習+バケーション+時々仕事の生活を経て、現在は再びLAにて活動中。屋外ワークアウトが最近のお気に入り。ハイキングや公園&ビーチヨガをリフレッシュと体型維持のために続けています。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • i am that girl
  • gosusu1

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP