ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

ヘルシーなスポーツドリンク「スウィッチェル」が2016年のトレンドに?

スウィッチェル

コンブチャにコールドプレスジュース、ジュースショットなど、これまでさまざまなヘルシードリンクがここLA(ロサンゼルス)で人気を博してきましたが、今新たに注目され始めているのが「スウィッチェル」。アップルサイダービネガーに、水か炭酸水に、メープルシロップとショウガを配合したドリンクで、“ヘルシーなスポーツドリンク”として話題になっています。もちろん美肌にもいいのです。アメリカではオーガニック系のスーパーやファーマーズマーケットなどですでに並び始めており、じわじわ知名度も上がってきている模様です。

実はその起源をさかのぼると、かつての植民地時代にカリブ海の西インド諸国から伝わったという説から、古代ギリシア時代に薬として使われていた水、ハチミツ、酢を混ぜたものに由来しているという説までさまざま。いずれにしろ、古くから伝わる特別な飲み物であり、シンプルながらも完璧な食材の組み合わせなようです。


スウィッチェルの効果


高酢酸のアップルサイダービネガーには、ビタミンやミネラルを体に吸収しやすくさせる効果があり、さらにメープルシロップと一緒に摂り入れることで、血糖値を安定させることができると言われています。またショウガの消炎症作用やデトックス作用も、健康と美肌につながる重要なポイント。これらの食材の組み合わせが、体の免疫機能を高め、電解質(イオン)補給を助けるとあって、ちょうどスポーツドリンクのような効果を期待できるというわけです。


スウィッチェルの作り方


【材料】(4人分)
1.アップルサイダービネガー………………1/2カップ
2.ジューサーにかけたショウガ……………1/3カップ
3.メープルシロップ…………………………大さじ3
4.水か炭酸水…………………………………4カップ
5.ライムかレモン果汁………………………大さじ1
6.ミントの葉(飾り付け用)………………適量

【作り方&ポイント】
材料を大き目のピッチャーでしっかり混ぜ、冷蔵庫で冷やすだけの簡単レシピです。サーブするときは氷でいっぱいにしたグラスに注いで、ミントの葉を飾って。なかなか刺激的な味なので、しっかりと冷やしたほうが飲みやすく爽やかな喉越しを楽しめます。

また、スウィッチェルの基本材料は1~4。このレシピはそれにライムやレモンを加えてアレンジしていますが、代わりにブルーベリーやチェリーなどの果汁を入れて違うフレーバーを楽しむこともできます。強い酸味を緩和できるので、酸っぱいのが苦手な人にもオススメです。

身近な食材で簡単に作れる「スウィッチェル」。実は古くから愛されていたヘルシードリンクが、新たなトレンドとして見直されることになるかもしれません。スポーツの際にはもちろん、朝の一杯や体力が落ちている時に飲むのもおすすめです。ぜひ実践してみてください。


【参考】
I Tried Switchel and I’ll Never Drink Another Energy Drink Again

http://www.shape.com/healthy-eating/healthy-drinks/i-tried-switchel-and-ill-never-drink-another-energy-drink-again



okamura

岡村 ゆか  Writer

東京・LA(ロサンゼルス)での出版社勤務ののち、フリーランスのライターに。中米コスタリカの常夏ビーチリゾート地でのスペイン語学習+バケーション+時々仕事の生活を経て、現在は再びLAにて活動中。屋外ワークアウトが最近のお気に入り。ハイキングや公園&ビーチヨガをリフレッシュと体型維持のために続けています。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • camama1

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP