ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

プロが予言!2016年のトレンドヘアスタイル

hair_223035910

セレブリティーや有名ブロガーなどを中心に、パステルカラーやグレーなどユニークなヘアカラーが目立った2015年。また、毛先を軽くするシャギーヘアのリバイバルや、ロングボブ(通称:ロブ)も人気を集めた一年でした。

では、2016年の今年は一体どんなヘアスタイルやカラーが注目されるのでしょうか?今回は、アメリカで活躍する5人のプロヘアスタイリストやカラーリストに、ズバリ予言してもらいました。


アディール・アバージェル

「ハリウッドのヘアスタイルのヒットメーカー」とも呼ばれるヘアスタイリスト。アン・ハサウェイやジェニファー・ローレンス、グウィネス・パルトロウなど多くのハリウッド女優を手掛けています。


「今年は、重めのヘアカットが主流になります。例えば、1920年代のファッションアイコンであるココ・シャネルやルイーズ・ブルックスのような、頬骨あたりの位置でカットしたボブなどの上品でクラシックなスタイルです。その雰囲気を現代風かつ簡単に取り入れるなら、眉毛あたりでカットした重めの前髪がグッド。2016年の春夏コレクションのランウェイでも、サン・ローランやアレクサンダー・ワンのショーなどで厚めの前髪のモデルがたくさん見られました。ストレートにもカーリーヘアにも合うので、取り入れやすいと思います」


マリー・ロビンソン

NYにある人気サロンのオーナー。ヘア&メイクアップアーティストでありカラーリストとしても活躍しています。


「今年のヘアカラーは、ナチュラルがポイント。明るめのブルネットであれば、ブラウンやキャラメルブロンドを駆使したローライトを入れ立体感を出すと良いでしょう。他のヘアカラーも同様に、ローライトのレイヤー使いが今年っぽさを出すカギになります。同時に、パステルやハイトーンのヘアカラーも、引き続きトレンドになりそうです。肌色に合わせて色味をチョイスするのがコツで、色白ならペールブルーやシルバーなどの寒色系、黄色がかった肌色ならピンクなどをレイヤーカラーに加えると良いでしょう」


ダニエル・ムーン

ロサンゼルスで活躍するカラーリストで、独特の鮮やかな色遣いに定評があります。


「昨年のヘアカラーのトレンドは輝くようなプラチナカラーのハイライトでした。今年も、特に春夏はそれが継続するでしょう。ただ、去年よりも色味を抑えて、ランダムに入ったナチュラルなハイライトが主流になると思います。エフォートレスかつセクシーなスタイルを意識して」


ジョージ・パパニコラス

ハリウッドで活躍するカラーリスト。ハイライトのテクニックの一つで、リゾートで日焼けしたようなナチュラルかつゴージャスなヘアカラー“バレイヤージュ”を得意とします。


「ハイライトとローライトを組みあわせて、バリエーションを楽しめるヘアカラーが主流になるでしょう。特に、細かいハイライトを無数に入れた“ベビーライツ”と、バレイヤージュを組み合わせると、より今年らしい仕上がりになります」


ジェニファー・ロスキー

ヘアカラーの技術指導者として全米を旅したのち、シカゴのサロンでヘアカラーディレクターとして活躍中。


「2016年は、昨年に引き続きさまざまなカラーで遊ぶユニークなスタイルと、バラヤージュやベビーライツなどのハイライトのテクニックを使ったナチュラルなヘアスタイルにはっきり分かれそうですね。どちらになるかは、その人の個性やライフスタイルによって変わって来ます。色味としては、特にブルー系を取り入れるのが特に人気が出ると思います。」


去年のトレンドの一部はまだまだ人気を残しつつ、2016年は軽めよりも重めに、ナチュラルさを引き出すヘアスタイルが主流になりそうです。春に向けて、次第に気分も高まるこの季節。今年らしいヘアスタイルに挑戦して、自分の新たな魅力を発見してみませんか?


【参考記事】
Beauty Experts Predict the Biggest Hair Trends of 2016

https://www.yahoo.com/beauty/hair-trends-going-huge-2016-190000086.html




okamura

岡村 ゆか  Writer

東京・LA(ロサンゼルス)での出版社勤務ののち、フリーランスのライターに。中米コスタリカの常夏ビーチリゾート地でのスペイン語学習+バケーション+時々仕事の生活を経て、現在は再びLAにて活動中。屋外ワークアウトが最近のお気に入り。ハイキングや公園&ビーチヨガをリフレッシュと体型維持のために続けています。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • howtonotgetcold_118647259
  • nirara3

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP