ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
ビーグレンイッシュ
前へ
次へ

サイト移転いたしました
最新記事はこちらからお読みください

http://www.bglen.net/tp/

新しいサイトアドレスはこちらになります。 お手数ではございますが、リンク・ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。

消費者のアンチエイジングに対する意識調査

アンチエイジング
化粧品によるアンチエイジング効果を、皆さんはどう感じていますか?調査会社からのレポートによると、効果を確信している消費者は意外に少ないのに対して、大半の人は非常に現実的な捉え方をしているようです。69%の消費者は、老化は遺伝の問題で、化粧品のような外的なものは、老化防止の役に立つというよりも、効果があって欲しいと言う希望にすぎないと考えているようです。また、10人中8人は、皮膚の老化を左右するのは、食事と運動が一番大切だと考え、78%の人はサンスクリーンが老化のサインを防ぐカギだと言っています。

ここで実に面白いのは、 皮膚の老化を左右するのは、食事、運動、遺伝と多くの消費者が考えている一方で、 その中の69%の人は、アンチエイジング化粧品でケアを始める時期が早ければ早いほど、若々しい肌を得られると回答していることです。シニアアナリストのミス・フェイによると、女性には、化粧品がアンチエイジング効果を保証していなくても、アンチエイジング化粧品に希望を託して買ってしまうという、冷静な思考と実際の行動の間のギャップがあるようです。

スキンケア女性はあきらめて何もしないで老化を待つことはできず、アンチエイジング化粧品を使う方をとるのです。

調査会社の予測では、2010年から2015年の間に、アンチエイジング化粧品の市場は46%上昇するといわれています。現代の消費が厳しい時代になっても、女性が大好きなアンチエイジング化粧品への予算は削られることがないことが分かります。現在24%の消費者がアンチエイジング化粧品を使用した経験があり、21%はシワが減少するスキンケア製品を過去一年間に使った経験があり、18%はお肌に活力をもたらす製品を使った経験があるとレポートしています。


アンチエイジング化粧品25歳から54歳の回答者の女性の大半が、アンチエイジング効果、シワ減少効果、肌に活力をもたらす効果をもったスキンケア製品を使っているという結果です。これは非常に理にかなっていて、25歳の女性の多くは、最初のお肌の老化のサインを見つけるようで、その先の肌の老化を防ぐためのケアを始めるのです。30代、40代の女性がもっとも肌の老化の兆候に対して逆らおうとしていますが、逆に55歳をすぎると年齢を受け入れるようになり、アンチエイジング化粧品にお金を使わなくなる傾向があるようです。肌の老化に敏感な消費者の中で、48%が顔全体のシワに関心があり、次に41%が目元、40%がお腹まわり、31%が首と回答しています。



kodama

児玉 朗  CEO

肌の黒さと歯の白さはゆずれない50歳。在米20年、社長歴15年以上 海の近くの家に住み、愛犬のパイレーツと毎日ジョギングをするのが趣味 来年こそ愛艇を手に入れて、仲間を引き連れて海釣りに行くのが夢。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • pinterest
  • mail

    友達にメールで紹介する                          X



  • print
  • 缶スープ・セール
  • midori1

1件のコメントが “消費者のアンチエイジングに対する意識調査”に入っています。

特別ページ
バックナンバー

PAGE TOP